2005年05月08日

事始め

WILLCOM(旧DDIポケット)のPHSを利用してから7年ほど経ちます。最初の端末はCASIOの黒くて薄い奴、それが壊れて京セラ「RS-T25」のバックライトが青く光る奴、ぼろぼろに使い倒して遂に動かなくなった去年の夏に京セラ「AH-K3001V」にしました。いわゆる「京ぽん」です。
それまで「携帯電話は話せれば良い」くらいなものだったので、他のキャリア含めて特に興味も愛着もありませんでした。しかし京ぽんにしてからはその考えが180度変わりました。「すげー使える!」特にOPERAのフルブラウザは自分の仕事のスタイルも変えるほどです。どこでもインターネット、PCに繋いでも定額。確かに32kでは遅いかもしれませんが、自分の中では十分に実用レベルでした。
他にも発売当初からユーザー自らが足りない機能を補完していく様(メーカー頑張れよとも思いますが)とにかくスケジューラを作り、Macに対応させ、ツールやゲームなどどんどん開発していく姿勢はカッコ良い。「不満があるなら、自分たちで作れば良い」これは同じ方向性の仕事をしているものとしてとても励みになります。

そんなこんなで長くなりましたが、5月の音声定額、7月のパケット定額オプションと新規ユーザーが増えるだろうと思いますので(増えるよね(^^;)このブログを公開するに至りました。よろしく。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。